住宅ローンはどこで組むかが大事なの?

住宅ローンを組む際はまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。
ネットバンク・労金・銀行など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気のリフォームに使える住宅ローンです。
住宅ローンを長年組んでいると、思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ審査が少し変わっています。
一般的なリフォームに使える住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
とはいえ、年収や勤続年数などは他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを検討されている方も多いでしょう。
借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。
借り換えをすると、返済額が減る事もあります。
ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。
理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。
無料で借り換えOKという所はほとんどありません。
借り換えにはそういったケースも含め住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。